2011年10月20日

アマゾン、日本で電子書籍

【日本経済新聞、2011年10月20日、引用】
アマゾン、日本で電子書籍 年内にも 市場拡大に弾み
インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入する。・・・スマートフォン(高機能携帯電話)などに配信し、自社の電子書籍端末「キンドル」も投入する構え。日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始める。・・・

         ※         ※         ※

これはアマゾンの一人勝ちの可能性がある。現在、書籍販売・通販はアマゾンの独壇場でしょう。その経営資源・ノウハウが強力だ。「キンドル」に固執すると、また展開は違ってくるが、あくまで電子書籍「配信」に的をしぼれば、勝つ可能性は高い。

出版業界は、おそらく下記7つに大雑把に分析できる。

@ 著者
A 出版社
B 印刷会社
C 携帯電話キャリア
D AV機器メーカー
E 書店(リアル書店)
F インターネット通販会社(ネット書店)

このうち@著者とC携帯電話キャリアは堅いポジションでしょう。ただ残りのA、B、D、E、Fは、どうなるかわからない。ただ、アマゾンはE+Fの最大手なので、かなり有利だと思う。ちなみにA出版社B印刷会社E書店の多くが、残念ながら淘汰されるでしょう(既に淘汰されている?)。近未来の出版業界は下記になるかもしれませんね。

@ 著者
C 携帯電話キャリア
D AV機器メーカー
F インターネット通販会社(ネット書店)

となると、やはりFであるアマゾンは強い。今までのノウハウをも考えると、アマゾンの一人勝ちはあながち絵空事ではないと思う。

ただしアマゾンが自前のAV機器・電子書籍端末「キンドル」にこだわると、ソニーやシャープ等と日本市場でまともにぶつかるわけで、乱戦模様になるでしょう。ソニーの「電子書籍リーダー」等の品質はとても良いからね。

posted by Compaqs at 12:49| Comment(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。