2012年05月09日

小沢氏裁判、指定弁護士が控訴

小沢一郎民主党元代表が政治資金規正法違反に問われた「陸山会事件」ですが、検察役の指定弁護士が東京地裁を不服とし、東京高裁に控訴するそうです。2012年5月9日にニュースで流れました。

         ※         ※         ※

民主党は小沢さんの党員資格停止処分解除を決めており、控訴されても党員資格は回復される見込みです。しかし、この控訴は小沢さんにとっても民主党にとっても痛い。今後も長期にわたり、ねちねちと小沢VS霞ヶ関の冷戦(?)は続くようです。選挙を考えると、民主党も厳しいね。

まぁこの陸山会事件は、ワイロを認定する/しないのハナシではなく、あくまで帳簿の間違い/資金繰りの誤り(?)を指摘するハナシです。別に小沢さんの肩を持つわけではありませんが、こんな微罪で控訴を続けるのは、いかがなものかと・・・一納税者として思う次第です。

役人や記者クラブが陣取る「霞ヶ関村」にとって、小沢さんは、彼らの既得権を奪う天敵です。控訴できうるのなら控訴して、小沢さんが政治生命(あるいは本当の生命)を失う・・・まで戦う所存でしょう。彼らも生活がかかっているからね。

それに小沢さんは敵が多い。霞が関の国家官僚組織や大手マスコミだけでなく、皇室や経団連、はては在日米軍まで敵に回している。こりゃあ、命がいくつあっても足りない。そういう背景もあって指定弁護士らは、今後、東京高裁判決で無罪になっても、最高裁まで争うでしょう。権力闘争の終着駅は、まだまだ長い先なのです。

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?

【送料無料】誰が小沢一郎を殺すのか?
価格:1,680円(税込、送料別)

posted by Compaqs at 14:02| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。