2012年05月04日

三角のマジック?

「三角のマジック」??・・・なんのことでしょう。最近、テレビで保険関係の番組を見ていて、ちょっと興味を持ちました。なに、なに?

そう。生命保険で最近話題のロジック(マジック?)らしいのです。「四角の保険vs三角の保険」とも言われています。つまり下記のように従来の定期保険など=四角の保険より、収入保障保険など=三角の保険のほうが、より無駄が少ない・・・というお話です。

20120504_hoken.png
※「動画でナットク!保険マンモス チャンネル」より引用

おお〜。これはすばらしい。わたしも収入保障保険と定期保険、終身保険を組み合わせていますが、まさにこの考え方です。基本的のこれは正しいです。

保険料は安いほうがいい
保険は「もしものときの保険」であって、貯蓄や投資ではありません。生活費を稼ぐお父さん(お母さん)が亡くなった場合、当面、生活できうる最低保障を金銭的にカバーすることが、保険の目的です。ですから、順調に生活するうえで、保険は必要経費として消えていくものです。保険料が消えて、損をする状態が正常(=両親が健在)で、保険金をもらって、得をする状態は異常(=親が若くして死亡)なのです。

ですから、必要経費である保険料は消えていくべきものです。それが本来、「幸せ」な人生です。しかし、必要経費とはいえ・・・、いや、必要経費であるがゆえに、保険料は安いほうがいい。その考えに三角のマジック(三角の保険)は合致しています。

高齢での死亡時に資産ゼロで良い
また、別の角度から見ると、保険金は被保険者が歳をとれば取るほど減っていきます。子供が小さいときは、“幼稚園から大学まで”子育てにお金がかかりますが、子供が大きくなるにしたがって、教育費の総額は徐々に減っていきます。子供が就職すれば、教育費はゼロです。

わが国の場合、安定した官公庁や大企業にお勤めであれば、厚生労働省の65歳定年義務化により、65歳まで給料で生活を維持できると思います。65歳以降は退職金と年金で悠々自適なシニアライフを送ることも可能でしょう。天国にお金は持っていけないので、80歳代〜90歳代で死亡するまでに、退職金などの預貯金を使い切ってもOKです(理論上)

つまり年齢を経れば経るほど、生活に必要なお金は徐々に減っていきます。そして寿命を迎えたら、(本人にとって)お金は不要です。暴論を承知で言えば、高齢での死亡時には資産ゼロで良いのです。

         ※         ※         ※

こう考えると、保険は三角がベストです。「三角の保険」が「四角の保険」より優れています。まさに、三角のマジックです。

もちろん、問題もあります。「三角の保険」は「四角の保険」に比べ、保険金額が減っていくので、保険金受取時の“満足度”が低く、インフレにも弱いです。また、加入者の健康状態から、後で保険金額を増やすのは難しい・・・という側面もあります。そう考えると、保険料の支払い余力のある被保険者は、「四角の保険」を時々見直すほうが適切だ、とも言えます。「金融にただ飯はない」という格言は事実です。お金に余裕のある方は、「四角の保険」をベースにしたほうが安心です。

しかし、生活にいっぱいいっぱいな僕らのような一般庶民は、「三角のマジック」で保険を見直してもいいのではないでしょうか。

詳しい解説はこちら >> クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談
posted by Compaqs at 02:07| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。