2012年01月27日

パーク24(株)の株主総会

DSCN1224 - コピー.JPG
※「ゆりかもめ」の車内から

2012年1月26日、パーク24株式会社の第27回定時株主総会に出席しました。会場はゆりかもめ「台場」駅隣接の「ホテル グランパシフィック LE DAIBA」です。一流ホテルだけあって、とても広いゴージャスな会場でした。

肝心の株主総会ですが、思った以上にいろいろと株主から質問が出ますね。昔とは違って、今の株主総会はオープンですねぇ。総会屋さん(暴力団関係者?)が最前列に陣取り、とても「こわ〜い」感じの、かつての日本の「シャンシャン総会」は、完全に過去の遺物ですね。おそらくアメリカの株主総会にも近い感じだと思います。

その質疑応答のごく一部を、筆者の解釈で載せたいと思います。正確性の不備があると思いますが、あくまで筆者の印象ということで、ご容赦下さい。

DSCN1226 - コピー.JPG
※パーク24株式会社第27回定時株主総会

質疑応答の一部
Q: 小型の駐車場はやめた方がいいのではないか。
A: 繁華街などの良い場所と広い土地は駐車場経営・利益にはメリットが大きい。だが、不動産市況が良くなると、解約されやすい。駅前商業ビルやマンションの建設が優先されるから。小型の駐車場はそれはない。長期契約であれば利益がでやすい。長期契約を考慮して対応したいと思う。

Q: なぜ定款変更するのか。
A: 「レスキューネットワーク」の事業を、「パーク24」でもできるようにした。

Q: 定款で業務種類が広すぎる?
A: レスキューネットワークの業務を取り込みました。

Q: BS(バランスシート)の流動負債が大きすぎる?
A: BSの理想的な形はあるかもしれないが、事業成長を最優先としている。ただし、安定して収益が見込める駐車場事業の負債部分は優先して返済する予定です。

Q: 長短負債の利率は?
A: 長期負債平均1.17%。短期負債平均0.50%です。

Q: 大株主の紹介は?
A: 「有限会社千寿」は西川ファミリーの持ち株会社です。「CBNYオービスファンズ」、「CBNYオービスSICアーヴィー」はバミューダー系のファンドです。年に4回も密接に話し合いを持っています。カーシェアリングの将来性に、彼らは投資しています。

Q: CBNY系さんとの密接な話し合いは、インサイダー取引に当たらないか?
A: 年に4回、我々サイドが海外に出向いて決算などの「説明」をしています。これは国内での株主への「説明」と全く同じレベルのものです。インサイダー取引には全く当たりません。

Q: マンションにはカーシェアリング営業を推進しないの?
A: タイムズ駐車場のみにカーシェアリングします。理由は(カーシェアリング事業単体から見ると)駐車場コスト=ゼロだから。マンションや商業施設などの駐車場に、カーシェアリングを出したいが、追加コストがかかる。地主さんやマンション管理組合さんにお金を支払わなければならない。

         ※         ※         ※

後半には「経営近況報告会」がありました。

クルマ関連で多角化?
取締役の方々の紹介がありました。特に目立ったのは、武井茂雄・(株)レスキューネットワーク代表取締役社長です。
DSCN1230 - コピー.JPG
今期からパーク24のグループに加わったそうです。武井社長は体育会系のやり手社長という感じですね。パワーを感じます。

この(株)レスキューネットワークに関して、西川光一・パーク24社長によれば、こういう説明がありました。(筆者の解釈)
もともと扱う事業はクルマが止まる「駐車場」だけだったのですが、カーシェアリングなど徐々にクルマそのもののサービスも含まれてきました。よって、ロードサービス業のようなクルマ関連事業も取り込みたい、ということで、(株)レスキューネットワークを関連会社化しました。

駐車場事業はサービス業
西川社長はこういったことも言っていました。(筆者の解釈)
パーク24グループのタイムズ24は、今の証券セクターでは不動産事業に振り分けられています。駐車場事業は不動産業だからです。しかし、本来はサービス業です。理想はホテル並のサービスを提供したい。それに、もともと証券市場でも当初はサービス業だったのです。パーク24はサービス業である、というこだわりはあります。
なるほど。サービス業と不動産業とでは、ビジネスの観点が違ってくるでしょうね。

他社に変更されるケース
株主からの質問で、駐車場が他社さんに切り替わるケースが見受けられるそうです。それに対し、西川社長はこう述べていました。(筆者の解釈)
パーク24から解約するケースと、地主さんから解約するケースがある。パーク24から解約する場合、収益上厳しく、あるいは赤字なので、更新しない。地主さんから解約する場合、地代が高い業者に乗り換えられます。仕方がな面もあるが、法人会員・法人カードユーザーへのサービス展開をも考えると、他社への駐車場変更は減らしたい。

電気自動車
実は電気自動車に関する質問も出ました。実際に現状では駐車場に約100カ所ほど充電器を置いているそうですが、ほとんど使われることはないそうです。時期尚早ですね。ただ(株)レスキューネットワークの武井社長は、現在でもある程度、調査研究等の対応を行っているそうです。武井氏の電気自動車に対する知識・情報は、十分なものでした。企業努力を感じました。

         ※         ※         ※

西川光一社長の人柄、知識とも一級品です。また若く健康そうで(1964年生まれ)、その点でも合格点です。この社長のもとなら「パーク24株式会社」は今後も7〜8年くらい成長すると思う。

また取締役の期間は1年間で、従来の2年間より短い。理由は緊張感を持って毎年経営にあたりたい、という方針だそうです。この心意気もすばらしいね。株主になって良かったと思いました。またこの定期株主総会全体の最後に、取締役一同が株主を出口で見送りの挨拶(!)をされていたのにも、感動しました。

posted by Compaqs at 23:45| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。