2011年12月31日

サッポロビール、ベトナム工場を稼動

20111231_tpp_sapporo.JPG
2011年11月24日、ロンアン工場竣工式、いよいよ本格稼働開始
【「2012年 株主のみなさまへ 特別号」、サッポロホールディングス株式会社、引用】
2011年7月から建設を進めていたサッポロベトナム ロンアン工場が11月24日、ついに竣工しました。
日本のビールメーカーとして、ビール工場の建設は、ベトナムでは初めてとなり、サッポログループにとっても、初めての海外での試みです。・・・

         ※         ※         ※

サッポロビール(サッポロホールディングス株式会社、サッポログループ)は、2011年11月24日に、サッポロベトナム・ロンアン工場を竣工したそうです。年間生産能力は4万キロリットルですが、2019年に15万キロリットルまで引き上げる予定です。

これによりサッポロビール(サッポログループ)は日本、カナダ、ベトナムの3大拠点で自社ビール工場を持つことになります。環太平洋エリアで「サッポロ プレミアム」(サッポロビールの国際ブランド)を拡販するそうです。

サッポロビール(サッポロホールディングス、サッポログループ)は地味ながら、ポッカコーポレーションを買収したり、恵比寿ガーデンプレイス(株)からサッポロ不動産開発(株)に商号変更するなど、業績拡大に向け着々と準備を進めています。そのなかでも、このサッポロベトナムのロンアン工場の竣工は、「本業」のビール事業における戦略的な進展だと思います。

ベトナムはTPP・9カ国の一員でもあり、今後、ベトナム産のサッポロビール(いやサッポロ プレミアム)が、「関税ゼロ」にて、日本に逆輸入されるかもしれませんね。

posted by Compaqs at 16:34| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。