2011年12月30日

ブログサービスとクラウドコンピューティング

先日、あるネット広告サービスプロバイダーさんのセミナーに参加してみました。いわく、「既存のブログサービスは良くない。記事などのコンテンツが自分の資産にならない。だから自前でサーバーを借りて、ワードプレス等で自前のサイトを構築しましょう。」・・・といった内容でした。

         ※         ※         ※

なるほど。たしかに一理ある。ブログサービスは無料ということもあり、いつ閉鎖されるかもしれない。しかも自分のソフトウエアで構築したわけでもない。すべて借り物です。

・・・しかし、2011年も終わりになるクラウドコンピューティング全盛の昨今、とくにこれからは、自前の開発にこだわらなくてもいいのでは?とも思います。たとえばブログのコンテンツに自信があるなら、借り物のブログサービスのみで展開するのもありだ、と思う。

また、ツィッターやフェイスブック等のソーシャルネットワークのパワーはすごい。多数の力を結集したり、トレンドを作り出す能力は目を見張るものがある。しかし、自分の考えや主張をまとめて、じっくり情報発信するには、ブログの方が合っている気がする。

私が思うに、クラウドコンピューティング時代において、既存のブログサービスはまだまだその潜在能力を出し切っていないと思う。これからもっと、ブログサービスは社会を変え、世の中をより一層チェンジしていくパワーを見せていくのではないかと思う。


posted by Compaqs at 20:17| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。