2011年11月12日

勝間和代のインディペンデントな生き方

「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド」を読みました。女性にとってインディペンデントな生き方とは、「精神的にも経済的にも周りに依存しない生き方」です。とくに下記3点がポイントだそうです。

1. 年収600万円以上稼ぎましょう。
(感想) >> ふむふむ、なるほど。それだけ稼げば、夫に頼らず、充実した生活を送れるでしょう。

2. いいパートナー、できれば年収1000万円クラスの男と交際あるいは結婚しましょう。
(感想) >> まさに理想的なパートナーですね。

3. 歳をとるほど、すてきになっていく。
(感想) >> 歳をとってもすてきなライフスタイルを目指しましょう・・・かな。まぁ広い意味で、老後の備えは充実していた方がいいよね。

そして、これらのために必要な具体的ノウハウが書かれています。「勝間本」のエッセンスが詰まっている感じです。

         ※         ※         ※

いろいろ批判もありますが、勝間さんの言っていることは、正しく現実的です。批判されている方々は、勝間さんの考え方とノウハウを全部受け入れようとするから、嫌になっちゃうのでしょう。実現する、しないはともかく、一つの目標、いや指針として私は参考にしています。ちなみに私は男ですが・・・。

要は、女性も(もちろん男性も)自立して生きていくには、「ヒト、モノ、カネ」を充実させないといけない、ということでしょう。

「オトコ」と「健康」に真っ正面から考察

勝間さんの著書や考え方の特徴は、もちろんロジカルで数学的で、さらにIT機器をフル活用するなど具体的です。効率重視とでも言いましょうか・・・。

さらに僕が思うに、「オトコ」と「健康」に関しても、真っ正面から考察していることです。今まで、仕事好き(?)のキャリア思考の女性は概して、意外とこの2つをなおざりにしていました。しかし、勝間さんは、ご自身の経験や反省を踏まえ、この2つの重要性を説いています。

ヒト・モノ・カネ、すなわち「オトコ(と家族)」、「健康(と衣食住)」、「お金(そして金融資産)」の重要性を再認識させられる本だと思います。

posted by Compaqs at 23:41| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。