2011年11月01日

バカでも年収1000万円

なんか2011年10月30日(日曜日)の日本経済新聞を開いたら、『【図解】バカでも年収1000万円』の文字が目に入りました。

20111102_baka1000_3.jpg

図説ですか・・・。伊藤喜之さんもすごいな。売れっ子ノウハウ作家ですね。実はオイラは以前Tsutayaで、この本のシリーズの講演DVDを借りて見ました。下記6つの行動が成功のカギです、みたいな内容でした。

1. 成功の糸
2. 超速行動
3. 弱点レーダー
4. 人に貯金
5. 夢は持つな
6. 逆さまの法則

個人的には、1から4までは大変参考になりました。特に1と2ですね。これは他の本ではあまり書かれていないと思う。この1と2に関しては、非常に有意義かつ強力な心構え+ノウハウです。

「成功の糸」と「超速行動」。この2つはぼんやり型性格のオイラにとって、まさに福音と言っても良いノウハウだと思います。伊藤喜之先生、どうもありがとうございました。

【送料無料】図解バカでも年収1000万円

【送料無料】図解バカでも年収1000万円
価格:1,050円(税込、送料別)


※伊藤喜之先生の詳細はこちら >> 伊藤喜之の『バカでも年収1000万円』どんな状態からでも年収1000万円稼げる6大奥義
posted by Compaqs at 00:51| Comment(2) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
著者の伊藤喜之です!
ネット上で発見し、嬉しくてコメント入れさせて頂きました!
DVDまで見て頂き、本当にありがとうございます。

また、奥義1、2の実践結果などありましたら、ぜひ聞かせてください!
Posted by 伊藤喜之 at 2011年11月03日 17:11
伊藤喜之先生
著者の伊藤喜之ご本人様からコメントを頂けるなんて、とても感激しております。ブログをみて頂き、そしてコメント頂き、誠にありがとうございます。早速、せん越ながら、無料購読メールマガジン「今日の一言」に登録させて頂きました。

1の成功の糸、2の超速行動は確かにあります。例えば下記が一例です。

         ※         ※         ※

先日、私の小学校3年生(!)時代のクラスメート二人とプチ同窓会を約40年ぶりに(!)開催したのですが、これなんかまさに「1と2」です。

5年ほど前、クラスメートの一人が、近所の老人ホームの夏祭りに来ていて、約30年ぶりに偶然再会しました。中学生以来でした。その後、年に一回くらい飲みに行っていたのですが、クラスメートの○○さん元気かなぁ。会いたいなぁ。という話が出ました。

その直後、私の妻と子どもが偶然、近所の子供会バザーで、○○さんと出会いました。(成功の糸?)

その報告を聞いた約1ヵ月後(ここは超速行動とは言えないが、しかしなんと震災数日前でした・・・)、私は勇気を出して○○さんのお宅を訪ね、ぜひプチ同窓会を開こうと提案。

そして3人の再会が実現したのです。クラス会ならともかく、"小学3年生" 以来30年以上も会っていなかった3人の再会は、僕の中では奇跡と言わざるを得ません。

         ※         ※         ※

「1の成功の糸、2の超速行動」の典型例とは言えませんが、広義の事例ではあるでしょう。伊藤喜之先生には、本当に人生を実り豊かなものに変えていただき、誠にありがとうございます。
Posted by compaqs at 2011年11月03日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。