2011年10月20日

会計士 就職難が深刻

【日本経済新聞、2011年10月20日、引用】
会計士 就職難が深刻 難関試験の改革後は1500人「浪人」に
難関の公認会計士試験に合格しても、就職できない人がさらに増えそうだ。かつて合格者の大半を受け入れていた大手監査法人4社は、今年の採用を前年比1割減の690人程度に抑える方針。試験合格者は約1500人とみられるが、過去に合格した未就職者と合わせた「浪人」も1500人規模に達する可能性がある。・・・

         ※         ※         ※

ひえ〜、知らなかった。あの日本で二番目〜三番目に難しいといわれている「公認会計士」の方々が、就職に困っているなんて。オイラは日本大学商学部出身なので、天下の「公認会計士」といえば、まさに後光がさしているまぶしい存在で、もう尊敬しまくりです。その会計士さまが仕事に困っているとは・・・ビックリです。

そうは言っても、最近ではビジネスマッチングサイトのように、仕事を結びつけるwebサイトも充実しつつあるので、公認会計士の方々も、その気になれば「会計士」としての仕事を見つけやすいでしょう。

たとえば「会社なび」では、士業(サムライ業)の先生と経営者・自営業者とを引き合わせる業務もあるようですよ。

詳しくはこちら >> 士業者探しは会社なび
posted by Compaqs at 13:09| Comment(0) | Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。